mensole tv > 観光 > 遺跡/城跡/文化 > 中村家住宅

中村家住宅

中村家の祖先に当たる賀氏(がうじ)は豪農であり、琉球王国の官人である護佐丸が首里王府の命に従い1440年に読谷から中城城に移った時に共に移り、その近くに居を構えた。
現存する建物は18世紀中頃に建てられたと伝えられています。
建築構造は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れを伝えていますが、各部に特殊な手法が加­えられて、独特な住居建築になっています。
主屋(ウフヤ(母屋)・トゥングワ(台所))・アサギ(離れ座敷)・高倉(籾倉)・フール(豚小屋兼便所)・メーヌヤー(前の屋・家畜小屋兼納屋)・ヒン­プン(目隠し塀)・カー(井戸)で構成されており、周囲はフクギと石垣で囲まれ、屋根­の上には魔除けのシーサーが鎮座している。瓦は赤瓦が使用されており、漆喰でしっかり­と固められている。

レビュー ★★★★★

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
読み込み中 ... 読み込み中 ...

  • 沖縄県中頭郡北中城村字大城106
  • 098-935-3500
  • あり
  • なし
  • ¥500~
  • 9:00~17:30
  • http://www.nakamura-ke.net/
  • 国指定重要文化財
広告募集